認可保育園のメリット

認可保育園のメリット

認可保育園のメリットと言えば、保育料の柔軟さが一つ上げられます。所得に応じて保育料が決められるので柔軟な対応の良さがメリットと言えるでしょう。

認可保育園に分類されるのは、国が決めた設置基準をパスして、晴れて都道府県知事の認可を受けた施設です。
気掛かりな設置基準は色々とあり、施設面積、保育士などの従業員数、給食設備、防災管理、衛生管理などの要素が盛り込まれています。
そのうち施設の広さに関しては、子供一人に3.3平方メートル以上の広さを備えるように求めるなどの基準が用意され、全体的に保育環境を整備しています。
実際のところ認可保育園は、運営が国や自治体からの補助で賄われていて、所得に応じて柔軟に保育料が決められます。
保育料は一ヶ月ごとで、それぞれの自治体によって違いが見受けられますが、一人に対し無料〜7万円程度が発生します。
子供が何歳かによっても異なり、まだ3歳になっていない子供であれば出費が嵩む傾向があります。
それぞれの自治体では、別々の保育園に兄弟姉妹を預けずに済むための仕組みや、保育料が安くなる兄弟姉妹割引制度を用意しています。
ですが、認可保育園は誰でも利用できるわけではなく、その市区町村に在住・在勤・在学の人に限って利用可能なシステムなのです。
このような認可保育園の良い面は、広い園庭があることや栄養士が常にいる状態での給食サービスが取り入れられていることなどにあります。
そして、公立の職員イコール公務員なので、ほとんどの場合は保育士も事務員も分け隔てなく保育園の業務に長期間に渡って従事している実績豊富な人材が多いとされています。
ただし、延長保育や一時保育などについては、定められた範囲に限定して行われ、病児及び病後時に該当する子供の保育には引き受けられないなどの難点も潜んでいま。
ということで私立の保育園に着目してみると、設定している保育時間などが多少柔軟なところもあります。
全体的に目立ったデメリットのない認可保育園であっても、大切な我が子を任せる保護者の要求に対するきちんとした対応を過度に望むのは現実的ではないでしょう。