個別型保育は互いの信頼関係を築く

個別型保育は互いの信頼関係を築く

個別型保育には、代表的なものとしてベビーシッターなどがあります。料金のシステムは様々ですが、いろんな状況に対応してくれるメリットがあります。

保育園では対応していない時間帯や病気を患った際のことを考えて、重ねて個別型保育を取り入れる家庭が数を増しています。

主な個別型保育には、保育ママ制度のみならずファミリーサポートセンター、たくさんの人が利用するベビーシッターなどがあります。

保育ママ制度は、保育者が市区町村から認定を付与された上で利用者から子どもを託される保育サービスを言います。

保育ママとして仕事をするには、出産や育児経験だけでなく、保育士資格を取っていることなど、自治体が定める資格要件を満たす必要があります。

加えて、自宅にある保育スペースに関しては安全面や衛生面が保育園に負けていないこともこの事業の必須条件に該当します。

市区町村が運営を行うファミリーサポートセンターは、育児や介護について地域で助け合う会員登録制を採用しています。

中身に関してですが、育児を頼みたい人と育児を請け負いたい人とを上手く仲介しています。

大変な保育園の送迎の他にも時間外対応、また通院や買い物などの外出時にも子どもを受け入れてもらうことが可能です。

各自治体で利用料金が設定されているのですが、1時間でみると1,000円程度というのが目安となっています。

需要の多いファミリーサポートセンターですが、どんどん推し進めている自治体があるので具体的な話をしてもらうのも悪くありません。

次にベビーシッターですが、ベビーシッターは民間の運営会社に所属する保育担当者が自宅へと派遣されて提供する保育サービスのことを言います。

夜中や早朝、病中病後などに関しても遠慮せずお願いできるため非常に便利でしょう。

ベビーシッターの料金システムは、我が子を任せる時間帯や我が子の年齢、派遣場所とどれくらい離れているかなどが関係しています。

1時間単位で1,000〜1,800円が相場で、中には兄弟姉妹割引や月ぎめ料金などを盛り込んでいるところがあります。

個別型保育の性質として個別契約を行うことを余儀なくされるので、互いに信頼関係を築くことが大切です。