認可保育園の申請について

認可保育園の申請について

認可保育園の申請には、書類の提出や審査があります。ケースによっては入園できない可能性も考慮しもう一つ視野に入れ選択しておく必要があります。

認可保育園においては、4月入園の申し込み手続きを、基本的に前年の12月から受け付け始めています。
産休明けから仕事に戻る場合には、子どもの出産予定日によって臨機応変に申し込めます。
それぞれの地方自治体で申請書を用意していて、総合的な入園相談も実施しています。
申し込みの基本条件に関してですが、親が仕事に就いていて家庭に育児をすることが可能な人がいないことです。
保護者が罹患した病気などによって、育児を行えないような状態でも、申し込みに応じてもらうことができます。
申請書に記入するだけでなく、就労証明や源泉徴収票などの所得証明を添付することになります。
入園には審査が必要ですが、特筆すべき申請内容の欠陥がなく、保育園の定員に達していないようでしたら、大抵は2月末から3月初めに内定通知が送付されます。
それから、それぞれの保育園で面接と健康診断が開かれ、我が子が集団保育に対応できると認められたときに入園が決まります。
入園を望んでいる保育園が定員を満たした場合には、違う保育園への入園や待機手続きなどの案内を受ける恰好となります。
不景気が解消されないことが原因で共働きの世帯が増加し、連動するように待機児童の問題も悪化しています。
特に、2歳未満の子どもの場合には、都市部を筆頭に認可保育園の不足が余談を許さない状態になっているのです。
これが理由で、入園の可否が出るのを待ってからよその保育園に申請をしていたのでは手遅れになるケースがあります。
認可保育園への入園を実現できなかったことを考慮に入れて、そこ以外の保育施設への申請も行っておきましょう。
ちなみに、この方法を取り入れて保育園に対する申し込みをする家庭が多く存在することで、最終的にキャンセルが増加傾向にあるようです。
3月中旬に突入したら、確実にキャンセルや追加募集関連の情報の確認をしましょう。
ありがたいことに無認可保育園や個別型保育に向けては、前提としていつでも好きなときに申請できる仕組みとなっています。