必需品の準備と生活のルールを身につけさせる

必需品の準備と生活のルールを身につけさせる

保育園に入園する際に持ち物などの準備が必要です。時間に余裕を持って揃えるのが望ましいです。入園と共に躾やルールを身につけさせることが大切です。

晴れて保育園に通うことになったら、持ち物に不備がないようにしたり児童の生活リズムを一定にしなくてはいけません。
入園許可の書類とともに保育園から届いた通知の中身も充分に把握して、余裕をもって準備するようにしましょう。
説明不足に感じることについては、どんどん面接の際に聞いておくと準備が捗ります。
保育園のことに精通している先輩ママとの交流が生まれれば何かと助けてくれるでしょう。
インターネットの保育関連サイトや市販の育児雑誌などにも役立つ情報が掲載されているので、参考になるでしょう。
子どもの中でも2歳未満を例にして、揃えるべき持ち物の情報を提供していきます。
いつも使う衣類は、食事で使用するエプロン、砂場遊びで使用するスモック、散歩用の上着、昼寝用パジャマ、帽子などです。
これらの他、昼寝の際の寝具や汚れ物を入れる袋、夏の季節に水遊びをする時のタオルなども欠かせません。
できれば全て予備があることが望ましいので、煩雑な思いをします。
一部の保育園では、素材やサイズなどに対して指定を行っている場合がありますので、あらかじめ確認しておきましょう。
何もかも手作りするのは心身ともに疲れますから、既製品にひと手間掛けるなどのような短時間で完成させる手段を模索しましょう。
生活リズムについても取り上げていきます。
手始めに早寝早起きと食事時間についてです。
大人の生活に合わせて、子どもの寝る時間や食事の時間が崩れている家庭が増加傾向にあります。
入園するのは4月ですから、おやつを食べる時間や遊ぶ時間をルール化して、生活サイクルの改善に取り組みましょう。
次に実践するのは、手洗い・うがいの仕方を覚えることです。
子どもが用いる踏み台を自宅に備えて、反復してコップに水をくみ口をゆすぐトレーニングを積みましょう。
子どもに専用のタオルを持たせて、フックにかける動作を覚えさせることにも挑戦してみましょう。