緊急のときは冷静に

緊急のときは冷静に

認可保育園の場合、休日や開園時間と閉園時間が決まっています。突然の体調不良に対応できないことが多く母親自身が病院に連れて行かなければいけません。緊急時は冷静さを保つようにしましょう。

大多数の認可保育園は、午前7時〜午後6時頃が開園時間になっていて、午後7時頃が延長保育に設定されています。
基本的に、土曜日・日曜日・祝日については開いていません。
このため、職場の休みが平日になっている場合や日程の調整をシフトなどで行っている場合は要注意です。
祖父や祖母などの家族にお願いできないのでしたら、無認可保育園や個別型保育の組み合わせ利用が避けられません。
我が子を託している時間内に発熱を起こしたりなど体調が悪化すると、親に向けて保育園から速やかに迎えに来るようにと緊急の連絡がきます。
特に入園してしばらくは、新しい生活に馴染めないことが理由なのか、体調を悪くする子どもが多い傾向があります。
会社に戻ったばかりだったり、抜けられない仕事の途中だったりして、つらい思いをするお母さんもたくさんいます。
速やかに迎えに行ってくれる人がそばにいないのなら、利便性の高い登録制のファミリーサポートセンターなどを検討してみてはいかがでしょうか。
また、自治体単位で病児保育施設の拡充に乗り出しています。
現在のところ存在する保育園に併設したり、小児科病院の中で用意しようとしていますから、調べてみるとよいでしょう。
現存している病児保育施設の利用代金は普通、2,500円〜3,000円(1日)に定められています。
発熱改善の兆候が出てきた場合や病後の様子をチェックする際には、できるだけ早期に病児保育施設に対して利用申し込みをしましょう。
通院する必要があるうちは、他の保育ママやベビーシッターを使ったほうが、高い満足度を得られる部分があるでしょう。
気を付けるべきこととして、保育園以外にも保育を行ってくれる人には、家庭のかかりつけ医やアレルギーなどに関して知っておいてもらいましょう。
そして大至急で子どもの迎えを求められても、親は冷静さを保ち事故には気を付けましょう。