子供のスタイルに合わせて選択を

子供のスタイルに合わせて選択を

保育園と幼稚園、どちらが良いのでしょうか。両方共にそれぞれメリット、デメリットがあります。保育園は保育、幼稚園は教育など特性があり子供のスタイルに合わせた選択が大切です。

子どもの年齢が3歳以上の場合には、保育園と幼稚園のどちらにしたほうがよいか困る世帯も少なくないでしょう。
保育園に乳幼児から通うようになった子どもにはたくましさがあるといった話を聞くと、それとなく保育園に決めたくなるのではありませんか。
小学校に上がってからの勉強に注目すると幼稚園が勝っていると推奨されれば、幼稚園に通わせたいと願うでしょう。
ところが、保育園には保育園の優れた部分があり、幼稚園には幼稚園の良さがありますから、どちらが正解とはいえません。
厚生労働省の管轄下にある保育園は、児童福祉法という法律により設置や運営が行われています。
原則として家庭で保育できない子どもに適した保育施設であり、公立の認可保育園の11時間保育が展開されています。
幼稚園の管轄として定められているのは文部科学省で、学校教育法という法律により設置・運営が展開されています。
家庭における保育を受けている子どもを対象に設定している教育施設であり、公立幼稚園で受ける保育と教育時間は通常で4時間程度が確保されています。
このように、最初は保育園で実施するのは保育で、幼稚園で実施するのは教育ということで分担されていました。
ところが現在では、保育園であるにも関わらず就学に対応するための学習カリキュラムを設定している施設がその数を増やしています。
幼稚園でも外遊びの時間を今までより長めに設けたり、グループ内での協調性に力を注いでいます。
ちなみに、長時間保育だけでなく教育面のどちらもカバーした「認定こども園」を整備する動きも活発です。
世帯の年収と職場の関わり、さらには子どもが持つ特長・弱点や育んでいきたい部分などに注目して決定するのがお勧めです。
保育園に関しては、ここのところの待機児童問題が早く終わりを告げて、自由に施設を選択できるようになると良いですよね。